サイトメニュー

メス不要の美容整形とは

注射器

顔が小さくなる話題の整形

今ではテレビや雑誌などで実際に整形した人の体験談を知れたり、整形したことをカミングアウトしている芸能人の活躍もめざましくなりました。また、リーズナブルな価格で利用できる整形も多く、試してみたいと考えている人も多いでしょう。特に注目が集まっているのは顔が小さくできる小顔整形術です。美容整形の中でも特に有名ですが、メスや脂肪吸引のイメージが強く、整形したことが他の人に分かってしまうのではと不安に思う人も多くいます。しかしながら、ボトックス注射であればメスを使わずに顔を小さくすることが可能です。特に大きな魅力としては、注射をしてから徐々に変化が起こるという点でしょう。ゆっくりと顔の筋肉が縮小していくので自然に痩せたように見えますし、痛みや腫れなども出にくいので、整形した当日あるいは翌日から人に会ってもバレないと言われるほどです。ただし、ボトックスはメスを入れて骨を削ったり脂肪を吸引するよりは小顔効果が薄いため、誰が見ても変わったと分かるような大きな変化を望んでいる人には不向きでしょう。また、使用する薬剤や注入する量によって値段が5万〜10万円ほど変わってくることもあります。そのため、始めて注射をしようと考えている初心者さんの場合、まずは整形クリニックや美容サロンで医師に相談するのが良いでしょう。今はメールや電話などでプランを案内する所も増えているようです。実際に相談する時には「こうなりたい」「用意できる予算の額」など具体的な希望を伝えるのがマナーであり、後悔しない整形への第一歩となるはずです。
以前よりも認知度が上がり、その名を知る人も少なくないボトックス注射。しかし、一般的には「小顔整形術に使われる方法」という印象が強く、それ以外の美容整形にも活用されていることはあまり知られていません。そもそもボトックスというのは病気や障害などの治療に用いられていた薬剤で、筋肉を収縮させるつまりマヒさせる働きがある薬です。といっても安全性は高く治療方法として採用されている程ですから心配する必要はありません。筋肉を麻痺させるという効能を利用することで小顔にできるのはもちろん、足を細くしたり二の腕を細く見せるのにも活用できます。目の周辺の筋肉が動くことによってできてしまう目尻や目の下のシワを防止したり、軽減したりするのにも効果的です。さらには、汗の分泌を抑える効果もあるため、ワキガ対策や多汗症治療などにも用いられており、ボトックスといっても小顔だけでなくさまざまな活用方法があることがわかります。ちなみに、注射する箇所を変えたり、薬剤の注入量を変えることで小さくする度合いや場所を変えることも可能です。そもそも小顔といってもどこを小さくしたいか、どんな顔立ちにしたいかは人によって異なります。エラを小さくしてフェイスラインをシャープにした顔、頬の出っ張りを小さくしてスッキリした印象の顔にするなど、仕上がりは自在に変えられるのです。メスなどを使わない整形方法ですが、美容整形の中では自由度が高く、個人の希望によってその内容が変えられるのも魅力的な部分。傷跡も残らずリーズナブルな値段ということもあり、やらない手はないといえる整形です。

Copyright© 2019 施術をする前にしておきたいこととは一体何か All Rights Reserved.